お知らせ

お建て替えのご相談(薪ストーブの撤去、移設)


こんにちは、アリュメール東松山スタッフの川村です。


2022年になってから初執筆のブログ記事、

心意気も新たにコツコツとアリュメール東松山をご紹介していきたいと思います。



アリュメールの想い


アリュメールでは、

お客様の薪ストーブライフを末永く支えていくパートナーとして

薪ストーブ設置のご提案からメンテナンスや薪づくりのサポートなど

様々なサービスをご用意しています。


薪ストーブライフのスタートから始まり、

家族が増えたり、マイホームを建て替えたりなど…

さまざまな出来事に立ち会わせていただきながら、

末永いお付き合いが続いていくことに、

スタッフ一同幸せを感じています。



今回の工事は…?


さて、今回はお建て替えのお客様からのご相談です。


昨年夏頃に、会員のY様より「住居を建て替えるにあたってストーブも設置しなおしてもらいたい」と

ご相談がございました。



Y様がアリュメールで薪ストーブの設置をご依頼されたのは2013年。

約9年前からのお付き合いで、このように頼って頂けるのは薪ストーブ屋冥利に尽きます。


薪ストーブ本体、煙突部材の撤去および引き取りの工事、

新しくお家が建つまでアリュメールでの保管、

新しいお家への設置工事を承りました。


今回は、建物の取り壊し作業の前に

薪ストーブ本体と煙突部材を撤去する工事のレポートです。



ハンターストーブのHerald8、

年季の入った佇まいです。




炉内の灰などをざっくり取り除いてから、

本体を先に運び出していきます。







本体を運び出したあとの少し寂しい炉台。




本体を運び出したあとは、

屋外の煙突撤去作業に移ります。

年内最後の工事でも使用していた高所作業車。

足場を組まずともサクサク作業が進められました。



煙突がなくなった外壁、

開口部分がぽっかり空いていますね…。


このまま建物ごとお取壊しされるとのことでした。



薪ストーブ本体、煙突の撤去、共に大きなトラブルなく作業が完了したところで

お施主様であるY様が現場にお見えになり、

「できたら、アクセントタイルを次の炉壁にも使いたい」という、

胸が熱くなるリクエストを奥様よりいただきました。




このまま壊されてしまうのは残念すぎる、

とってもかわいらしい炉壁です。





割らないように、、慎重に、、




4枚とも無傷で取り外せました!




Y様邸で一緒に過ごしてきたヘラルド本体と一緒に

タイルも次のお家に引き継がれてゆきます。

次の炉台、炉壁がどんな仕上がりになるかまた楽しみですね。





今回はマイホーム建て替えのご相談から撤去工事の様子をご紹介しました。

薪ストーブシーズン真っ最中で、

ストーブの入れ替えやメンテナンスのご相談も増えてきております。


お困りのことがございましたらアリュメール東松山へご相談くださいませ。



閲覧数:56回