お知らせ

薪ストーブまわりの不燃処理について


アリュメール東松山の杉田です、


本日は埼玉県東松山市S様邸でお打合わせでした。


半年程前に煙突を設置させて頂き、いよいよ本体設置間近です!


本日は何のお打合わせかというと、

『炉台・炉壁』のお打合わせでした。


薪ストーブのまわりの可燃物は高温にさらされ炭化し発火する恐れがあります、

なので薪ストーブまわりは不燃処理が必要になります(必要ない機種もありますが)

薪ストーブは1機種ごとに不燃処理する必要な範囲や厚みは様々。


ほとんどの場合は工務店さん、または私達が炉台・炉壁を施工することが多いですが、

今回S様は炉台・炉壁作りに自らチャレンジ!!

ご自分で造った炉台・炉壁は思い出にも、形にも残り、愛着が深くなることでしょう…


そしてDIYでも安全は第一!

本日は

実際に煙突を繋ぎ、本体位置のイメージ確認し炉台の位置を決め、


場所が決まったら不燃処理に必要ない材質や厚み、空気層や耐震の安全対策のお話をさせて頂きました。


本体設置工事日に仕上がりを見るのが楽しみです(^-^)


帰り梨の差し入れを頂き秋を感じました🍐


それではS様、炉台・炉壁工事

頑張って下さい👍

73回の閲覧