薪ストーブの安全性②


アリュメール東松山の杉田です😀


今回は前回の続き

『薪ストーブの安全性について』です↓↓

https://www.allumer-higashimatsuyama.com/post/%E8%96%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%96%E3%81%AE%E5%AE%89%E5%85%A8%E6%80%A7


前回は耐震という観点で、安全な施工について書かせて頂きました。


今回は、

防火対策についてです🔥

燃焼によって暖をとる薪ストーブですが、

やはり心配なのは『火災』です!


火災の心配をしないで安心して薪ストーブライフを送るには、幾つかの条件があります💡


①離隔距離の厳守

薪ストーブの本体には可燃物からの『離隔距離』が設定されています。この離隔距離は機種により設定されていますので、それぞれが正しく可燃物から離れているかが重要です。



②炉台・炉壁(不燃壁)の造作

離隔距離を十分に確保したうえに、『炉台・炉壁』を作ることも大切です。

やはり薪ストーブの機種により放熱が様々なので、厚みも正しい設定が必要です。


この二点が守られない場合

低温炭化』を引き起こされてしまいます。低温炭化とは、直接発火しない低温(100℃前後)の熱ダメージが長年蓄積されることにより発火する現象です。

また壁の裏側等の見えない所が炭化するケースも多いので、要注意⚠️


薪ストーブ導入の際には、

安全離隔と適切な耐熱壁を提案してくれる安心した薪ストーブ専門店に依頼することが大切です☝️💡


そして以前にもお伝えしましたが

https://www.allumer-higashimatsuyama.com/post/s-o-s

煙突火災にも注意しましょうね⚠️⚠️⚠️



アリュメール東松山では、

第一にお客様の安全を心がけて施工しております👷💡

安心無くして楽しい薪ストーブライフはありえませんので…

皆様が薪ストーブを通して心豊かな生活をおくれますように、これからも安全・安心施工で頑張ります‼️

47回の閲覧

お知らせ